西島悠也がこれからの世の中を生き抜く処世術をお伝えしています

西島悠也の処世術

西島悠也が伝えるこれからの世の中を生き抜く処世術

 

そもそも処世術という言葉自体を初めて聞く人は多いでしょう。

 

あまり普段の生活では使わない言葉であることは間違いないので、中には「そんな言葉初めて聞いたよ!」って人も多いと思います。

 

まず、処世術とはどういう意味なのか?と申しますと、「巧みな世渡りの方法」(大辞泉)、または「いきてゆく術策、世渡りの術」(大辞林)という辞書に書いてあります。

 

一般的に社交的で友達が多い人や世渡り上手な人が「処世術」を理解している人の典型的な例でしょう!

 

この処世術こそが、この息苦しいの世の中を上手行く最大の武器なのです。

 

仕事とは、要素別に分類すると「仕事の内容」に苦しむ人と「仕事先の人間関係」に苦しむ人が現れるものです。

 

そして、仕事は技術次第でどうにでもなる!と考えることができる人は多いですが、一番攻略に苦しむのが「仕事場の人間関係」なのです。

 

こればっかりは学校で教えてはくれないし、多くの人が苦しむ問題です。

 

「処世術」を理解して良く楽しい仕事環境にしましょう!